PLAYING OUTSIDE

≪アーゴキャンプ≫しらかば公園キャンプ場 次は家族で行きたい。釣りや温泉を楽しめるキャンプ場。

第10回しらかば公園キャンプ場

ヤマザキ、マスダ両氏の呼びかけでバラバラに集まった男6人が一緒にキャンプをしてきました。場所は福島県のしらかば公園キャンプ場。場内にはイワナ釣りができる渓流があるほか、近くには温泉があり、アーゴな面々のツボを刺激する最高の場所でした。

 この日、マツシタは11時頃に気温30℃くらいの前橋を出発。東北道西那須野塩原ICでおり、国道400、121、352を経由して目的地へ向かいました。峠道で豊富な緑や水といった清々しい景色です。道路に設置してある温度計をみると22℃から25℃。エアコンを切り、窓を全開にして走ります。鳥の鳴き声も聞こえてきて、ドライブだけでも満足できます。僕以外はみなバイクで来たのですが、いい道だと気に入った様子でした。

R0000290

多くのライダーとすれ違いました。

DSC_2117

見た目にも涼しそうです。

到着後はお互いに自己紹介を簡単に済ませ、テントを張ります。その後は車で数分の公共浴場へ。この地区は湯の花温泉で有名で、公共浴場が4つ点在しています。200円の券を商店や旅館、キャンプ場で買うと、1日何箇所でも何回でも入浴できます。僕らは弘法の湯という共同浴場に入りました。お湯は熱めでさっぱりとしており、気持ちが良かったです。ちなみに石湯と天神の湯は混浴です。

R0000323

キャンプ場に到着。

R0000295

さすがに皆さん、手際がいいです。

R0000296

入浴券を買います。

R0000297

R0000320

R0000310

 湯上りは近くの売店でビールを買い喉を潤しました。その後は、バイク仲間にシェフとよばれるマスダ氏と、今回のリーダー的存在、デュークさんが料理の準備を。ヤマザキ氏とそのスキー仲間のウチノ氏、マツシタは川の様子をチェックしに。カスガ氏は丁度バイクで到着しました。

R0000335

釣れそう。次回は竿を出してみよう。

DSC_2125

マスダさん。皮むきがはやい。

DSC_2126

牛乳パックをまな板代わり。さすが。

 しばらくして、デューク氏の激ウマチリビーンズが完成。続いてマスダ氏の激ウマ鶏鍋も完成です。みなで、遠慮なくいただきました。特に、登山狂で頂上を目指すためのキャンプしかしたことのないウチノ氏は食事の美味さに感激していました。そんな様子がストイックな感じがして、カッコイイなと思いました。腹が満たされたあとは、酒を飲みながら焚き火を囲んで語ったり、渓流の様子を見に行ったり、空を見上げたり、各々が好きなように過ごしました。

DSC_2131

おかわりしました

DSC_2150

夕マヅメを狙いたい。

DSC_2169

話は尽きない。

 翌朝も快晴。早起きのカスガ氏が皆の食器を洗っておいてくれました。そして昨日、マスダさんが作ってくれた鍋にパスタを入れて朝食にしました。

 気温はちょうどいいし、釣りのできる渓流も、温泉もあって僕的には大変気に入ったキャンプ場となりました。次は二泊三日くらいでゆっくりと来たいと思いました。

【今回泊まったキャンプ場はこんなところ】

公園の一角がキャンプ場になっている。テニスコートやグラウンドを借りられるので、子供会や少年少女のスポーツチームが遊びに来るのに適している。トイレも清掃が行き届いており清潔。釣りは1日券1,100円。近くにコンビニ等はないので、買い出しは事前にしっかりするのが良い。

文/写真=マツシタ ヤスミ

他のキャンプ記事はコチラ

アーゴキャンプ

 

2 件のコメント

  • たてきよ より:

    先日は楽しい時間を共有できたありがとうございました。
    次回は違う料理で呑みましょう(^^)/

  • ヤスミマツシタ より:

    デュークさん、大変お世話になりました。教えていただいたチリビーンズのレシピは、これからたくさん使わせていただきます。次回の料理が楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pageTop