PLAYING OUTSIDE

≪キャンプの独り言≫ 笑’s コンパクト焚き火グリル 『B-6君』 ニューアコ2016 ポケットサイズの焚火台

 キャンプ好きがお気に入りの道具についてリポートする新企画。今回は、有限会社昭和プレス が製造販売する「笑’s コンパクト焚き火グリル 『B-6君』」の使用感をリポートします。収納サイズが181㎜×122㎜×18㎜、組み立てたサイズが215㎜×122㎜×165㎜、重さが500gのポケットサイズが魅力の焚火台です。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-0016

 開放感ある高原で音楽とキャンプを楽しむイベント、ニューアコースティックキャンプ2016が9月17,18日の両日、群馬県みなかみ町のゴルフ場「水上高原リゾート200」で開催されました。年々参加者が増えているとのことで、テント場はさながらテントとタープの見本市の様でした。

 焚火もしたいけど荷物をできるだけ軽くしたい。そんなことで「B-6君」を持ち込みました。密集したテント設営場所で大きな焚火台で堂々と焚火を楽しむのは少し気が引けます。タープの下でゆったりと細々と焚火を楽しめる意味でも「B-6君」を選んで正解でした。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-0060

 天気は初日の夕方から雨でした。結構強い雨が翌日のフェス終了日まで続きました。結局タープの下が心地よくて一歩も外に出ませんでした。呆れ顔の嫁さん。私としては音楽はどこからか流れてくるぐらいでOK。贅沢なBGMとともに『B-6君』と濃密な時間を過ごせました

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-0010 %e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-0008 

 「B-6君」は名前通り、B6サイズのソフトケースに収納された状態で売っています。私は持ち運びにもこのケースを使っています(左写真)。別売りのグリルプレートとハードロストルを重ねてもソフトケースに入るように設計されています(右写真)。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-0018

 組み立て方は非常に簡単。まず、①本体を支える脚を起こし、②側面板2枚を起こし、③大きな空気窓がある正面板と、空気穴のない背面板を側面板の切り込みに沿って上から差し込み、④ロストルを設置して完成です。慣れれば1分もかかりません。組み立てた大きさが215㎜×122㎜×165㎜。テーブルの上にちょこんと乗ります。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-0029

 側面に穴があけられていて、うちわで十分な空気を送り込めます。正面の空気窓は、グリルプレートを上部に乗せながらでも薄い炭を楽にくべられる大きさです。シンプルなプレス加工なので、使用後に掃除を欠かさなければ開閉はスムーズのまま維持できます。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-0050

B-6君の上部に渡してある2本のステンレスの板が五徳

 小さめのやかんや鍋、フライパンを使用する場合は、五徳を使うと安定します。小さなあそび、悪く言えば、小さなぐらつきがあります。五徳を斜めに渡すとぐらつきは改善されます。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-0047

 焚火中は4本の脚以外、空気窓、グリルプレート、五徳がすべての部品が熱くなります。ガッシリつかむのにレザーマンのプライヤーが役立ちました。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-0056

 夕食後は暖をとるために焚火をしました。雨の中、ライブを鑑賞していた嫁も喜んでくれました。『B-6君』で薪を燃やす場合、市販の薪だとだいぶはみ出てしまいます。炭化した部分が軽くなり、“鹿威し”の要領で燃えていない部分が焚火台から落ちるという事故がありました。長めの薪をくべているときは注意と工夫が必要です。

文/写真=アライサトシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pageTop