FOOD AND LIQUR

≪至福の30㏄≫ Longrow CV ロングロウシーヴィー

オールドボトル、限定ボトル、レギュラーボトルを問わず美味しかったウィスキーを気ままに紹介、テイスティングする企画。30㏄で広がる非日常の世界をご紹介します。

第2回 「Longrow CV   ロングロウCV」

ロングロウは、フルーティーな香りを特徴とし『モルトの香水』と評される銘柄「スプリングバンク」を生産するスプリングバンク蒸溜所がピートを強調してリリースしているウィスキーの銘柄です。
CVは履歴書の意味。50Lから500Lの様々なサイズのシェリーやバーボン樽で熟成された6年から14年の原酒を絶妙な割合で合わせ、ピート香と甘い香りが共存する複雑な味わいを実現しています。アルコール度数は46%。

ロングロウCV-0062

黒いラベルが渋い。ウィスキーの色はわずかにトーンが低い琥珀色。

半年前に開け、4割ほど瓶に残っているものをストレートで。
レーズンとバニラが少し焦げた香り。口に含むと香りとともにじわじわとピート香が迫ってきます。余韻が長く続き重厚な存在感がありますが、キリキリとした後味はありません。
味わいがあるシングルモルトですが、ロングロウの中ではエントリークラスの価格帯にありました。現在は生産終了となり流通する商品はめっきり見なくなりました。残念です。家にあるボトルをゆっくりと大切にチビチビ飲んでいます。

ロングロウCV-0113

麦芽からビンまでを自社生産するスプリングバンク。ロングロウのボトルにもスプリングバンクの瓶が使用されていいます。

ちなみに後継商品として「Longrow Peatd ロングロウピーテッド」というボトルをスプリングバンクはリリースしています。

次回はスプリングバンクの限定ボトルSPRINGBANK GREEN AGED 13 YEARS  スプリングバンクグリーン13年をご紹介します。

文章/写真=アライサトシ

≪至福の30㏄≫の記事一覧に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pageTop