PLAYING OUTSIDE

≪釣り日記≫巨大深海魚バラムツを釣り上げ、アドレナリンがピッシャー!

静岡県静岡市由比港 ターゲット バラムツ

 

 ここ最近、納得のいく釣果がでていないマツシタが11月12日、由比港にバラムツ釣りに行ってきました。今回お世話になったのは元吉丸。強面の船長さんが、面倒見良くガイドをしてくれました。さて結果はどうだったでしょうか?

 この日は、石井さん親子と浅野さん親子の恒例イベントに混ぜてもらう形で釣りに参加しました。石井さんはマツシタの釣りの師匠で見た目は怪しいですが、何とか釣らせてあげようと世話を焼いてくれるサービス精神旺盛な方です。おかげで石井さんと行くときは坊主なし。バラムツ釣りは初めてですが、今回も釣れるんじゃないかと希望に胸を膨らませ、昼頃に自宅を出ました。

 途中で買い物をしながら、午後4時頃に到着。石井さん親子と合流し、軽くレクチャーを受けます。バラムツは数百メートルの深度に生息する深海魚ですが、夜間は浅場に浮上しエサを捕食するので、そこを狙うそうです。そうこうしているうちに、浅野さん親子も合流し、釣り船も到着。5時頃には船中に乗り込みテキパキと準備を開始しました。この時期は暗くなるのが早いです。

r0000714 r0000729

 5時半頃に出船し、6時から開始。早々に隣の2人が釣り上げます。もたつきながらマツシタも水深120メートルくらいに仕掛けを落とすとすぐに小さいアタリがコツコツきます。ちょっと待っているとガツンとヒット。ポンピングという技術を知らず、ゴリ巻きで頑張ったため、腕がパンパンになってしまいましたが、今日は十分だと思えるようなファイトを楽しみました。わずか30分余りで船中7人全員が釣り上げました。その後も皆、コンスタントにヒット。サメを釣る人もいて、大盛り上がりの釣りになりました。ちなみにこの日のマツシタは終了時間の午後10時までに2本2バラシ。満足のいく釣行となりました。

r0000771

すごいパワー。なかなか上がってこない。

r0000774

さすが師匠。御見それしました。

 納竿の後は、船長にお願いしてバラムツを食べさせてもらいました。味は大トロに近いですが、歯ごたえがあり、とても美味。沢山食べたかったのですが、食べ過ぎは体に悪いとのことで我慢しました(バラムツの油脂は人体で消化できないため、ひどい下痢になる。このため、厚労省から市場で売ることは禁止されています。)。

r0000782 r0000787

文/写真=マツシタヤスミ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pageTop