TOURING

マツシタの旅行記 北海道東部 神秘的な景色に癒されたり、歴史を学んだり

 7月17〜19日まで北海道(知床・阿寒湖温泉・網走)へ行ってきました。14度〜24度の冷涼な気温➕湿気の無さ➕広大な景色が、命の危険を感じさせるような連日の猛暑でヘトヘトになったマツシタを癒してくれました。

 

 スピリチュアルなものを感じずにはいられない 知床

    遊覧船で知床を見学してきました。海の色の濃さや岬を包む霧、岩、滝、緑が神秘的な空気を醸し出します。ヒグマがのそのそ歩いていたり。ジブリ映画の世界に入り込んでしまったのではないかと錯覚するような場所でした。気温は14度。遊覧客は皆「寒い寒い」と言いていました。

陰影が濃く、神秘的な雰囲気。

 

 

  

開拓と監獄受刑者をテーマにした博物館

 

 なにぶん知識がないもので網走というと映画「網走番外地」しか思い浮かばないマツシタ。解説員さんについて歴史やら役割やら、受刑者の暮らしやらを色々と勉強してきました。天才的脱獄犯「五寸釘寅吉」の話はなかなか面白かった。

 

 

木造の監獄

 

入浴の様子。刺青率高し

 

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pageTop