TOURING

≪夜光走光≫ 日本オイルターミナル高崎営業所(群馬県高崎市栗崎町字原田・2016年早春)

WebマガジンAGO≪アーゴ≫は「日常に非日常のエッセンスを一滴、二滴加えてあげれば毎日が楽しくなるはず」をテーマとしています。
“夜行走行”では星の光や人々の営みが描き出す光跡で彩られた空間をカメラに収めていきます。
長時間露光で浮かびあがる非日常な空間をお楽しみください。

第3回 日本オイルターミナル高崎営業所 (群馬県高崎市栗崎町字原田)

色-89511

Nikon D4s+AF-S NIKKOR 70-200mm1:2.8G2Ⅱ ED

群馬県高崎市の倉賀野工業団地に位置します。近くを通る国道17号線の陸橋から営業所全体を俯瞰できますが、夜景スポットとして知る人はほとんどいません。

日本オイルターミナルは1966年に国鉄と石油元売り各社が共同出資し設立。JR貨物グループの一つとして、臨海部の精油所から国内内陸部にある油槽所(営業所)までガソリンなどの石油製品を鉄道輸送しています。高崎営業所は、運ばれてきた石油製品をタンクローリーに移し替え、県内各地のガソリンスタンドへ届けるための中継地点の役割を担っています。

色-8985

Nikon D4s + AF-S NIKKOR 24-70mm 1:2.8G ED

国鉄時代に設計されたDE10形ディーゼル機関車が現役で貨車を牽引しています。

文/写真=アライサトシ

2 件のコメント

  • 匿名 より:

    夜の風景写真て好きだなぁ。どこか無機質で、でも遠くに人間の存在や活気を感じさせると言うか…
    闇への恐怖心とワクワク感が合わさったような不思議な感覚を覚えます。

  • アライ サトシ より:

    コメントありがとうございます。
    夜の風景写真が好きで撮影現場の近隣に住む人に迷惑をかけないように恐る恐る出かけています。
    コメントの「どこか無機質で、でも遠くに人間の存在や活気」とあります。私が夜の風景写真に惹かれる理由を言葉で代わりに上手く表現していただいたような気持になりました。ありがとうございます。
    これからも楽しんでいただける写真を撮影していきますのでどうぞお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pageTop