PLAYING OUTSIDE

≪水面道具談義≫

第2回 ロッド&リール

ロッド

こんにちは。

前回のプラグに引き続きタックルに関して触れてみたいと思います。竿=ロッドとなるのですが、このロッドに関しても前回と同じ事がいえます。それ程構える事もなく、大まかなカテゴリーでいわせて頂ければ、バス用のロッドとして使用できるボーダーラインは、クリアーと考えて頂いて大丈夫ですね。プラグの重さにもよるのですが、それ程柔らかなロッドを省けば最初は十分に対応が可能だと思います。そこから見た目の好みだったり、扱い易さだったりと選択肢を広げ、自身のスタイルに応じた物選びに発展させていけば良いと思います。最初の叩き台がないと何が自分に適していて、何が適さないのかの判断もできません。服や時計、乗り物とは異なり見た目以上に扱い易さが要求されるツールの重要なカテゴリーでもあります。先ずは選んだプラグが違和感を感じる事なく投げられる物をお選び頂ければ良いと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グリップ

トップウォーターのカテゴリーは距離が必要な場合もありますが、基本は自分が狙ったポイントに投げ込むコントロールが必要なゲームとなります。このゲームを楽しむ多くのアングラーがシングルハンドルと呼ばれるタイプを起用するのはその精度を保ち易い理由からなのですが最初からその様なキャスタビリティー重視の考えだとハードルが上がります。ダブルハンドルが一般的に使い易いとされているので最初はそれで十分ですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ベイトリール

リールに関しても同じです。誰しもが一度や二度はベイトリールを手にした経験はあると思います。仮に当時の物をお持ちであればオイルを注し直し近くの河川敷や人の少ない安全な場所を選びキャストを繰り返してみてください。その際に投げるルアーと同じ位に重さのゴムの様な物があれば最適ですね。それを繰り返す事により古いリールも徐々にオイルが馴染む。それなりに飛ばせる状態になります。実はトップウォーターのカテゴリーは、そういった古い年代のリールを使用する方が多く存在します。細かな事を書くと使うブラグが竿先にぶら下げられた状態で、竿全体が前屈みにならない方が理想で手元、つまりグリップ(持ち手)に重みの重心があるのが理想的なバランスとなります。この事はキャストの際にルアーの重心でフロントヘビーになると、手元に重心が来なくなり狙いが定まらないというデメリットが生じます。この様な事を考慮して選ぶ事も選択肢のひとつとしてとらえて頂ければ更に楽しめると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

番外

トップウォーターのキャストはシャフト反発とか復元力を生かすキャストが実は基本です。プラグの重さをシャフトのティップからベリーあたりまで感じてその反動を使い飛ばす。腕を振る動作よりも確りと止める。人に寄ってはダーツを投げる動作といいますね。後ろ方向へベクトルを軽く持たせ狙った先方へ初速を使いその後方へ働くベクトルをシャフトに乗せた撓りのタイムラグを使用して反発を溜め込み前へ飛ばす。理屈で解釈すると上記の様な事ですね。フライでいうところのダブルホールでラインのみを引き初速を誘発されるのと似ています。単純に説明するとテイクバックは少なく軽く、前方へシャフトを出す際の初速をシャフトに伝え止めて方向が決まる。竿先(ティップ)が止まった方向へしかプラグは飛びません。基本はティップのブレが少なければキャスタビリティーが向上する理屈ですね。それに伴いリールも少ないベクトルを伝える初速コントロールに繋がります。上記の事からも深い事を触れるのは難しいので軽く流しました。

文/写真=FLOW.co Furune

編集=マツシタヤスミ

プロフィール

flow

釣り具やアウトドア用品のセレクトショップ「フロウ」の代表。トップウォーターはもちろん、ボルダリングや自転車など趣味は幅広く展開。興味がある方は、ルアーショップFLOWで検索を!

http://260flow.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pageTop