TOURING

≪群馬近県サイクリングコース30≫  群馬県桐生市・2016早春

近県サイクリングコース30は、群馬県及び近県のサイクリングコースを紹介する企画。ストイックに走るというよりは、昼食や景色を楽しむことに重点を置いている。2回目となる今回は、群馬県桐生市の渡良瀬川沿い約20キロを軽く流した後、絹織物の街として栄えた桐生市の風情ある街並みをポタリングした様子をレポートする。休日、家族で走るのにお勧めのコース。

第2回

アーゴ自転車部の宮川主将と走ってきた。冬の間の運動不足で鈍ったマツシタの体を優しくいたわりつつ、活動的なこれからのシーズンに向けてチューンアップするのが、このコースを選んだ理由だ。

朝8時にマツシタ家に集合し、自転車で上毛電気鉄道の中央前橋駅を目指す。同駅から列車に揺られること約1時間で、終点の西桐生駅に到着する。同駅が今回のコースの出発地点。ちなみに上毛電気鉄道は列車内に自転車をそのまま持ち込める。

自転車と一緒に乗り込む

自転車と一緒に乗り込む

都内では見ることのできない光景。ちなみに運賃は始発の中央前橋駅から西桐生まで片道670円。往復券なら1,210円で割安。

都内では見ることのできない光景。ちなみに運賃は始発の中央前橋駅から西桐生まで片道670円。往復券なら1,210円で割安。

10時頃から渡良瀬川沿いのサイクリングコースを走る。夏の渓流釣りや川沿いのキャンプでも感じることだが、水辺の空気を吸うとストレスが軽減していく気がする。川沿いを何も考えないで流す。うっすらと汗をかく。

DSC_0892

 

DSC_0900

 

気持ちよく走っているとあっという間に11時。昼飯は行列のできるソースカツ丼の名店「志多美屋」の予定なので、慌てて同店を目指す。11時半に到着するもすでに11組も先客がいる。別の店にするかと考えたが、美味そうに食事をする客の顔を見るとどうしてもここで食べたい。1時間近く待って、限定15食の厚切りソースカツ丼(税込み1,200円)を食す。パワフルで鼻にツンとくる香りのベタなソースカツ丼も好きだが、ここの上品なソースカツ丼はもっと好きだ。カロリーを気にしながらも完食した。

R0000017

昼食後はポタリング。桐生はかつて「西の西陣、東の桐生」と評された絹織物の町で、かつての繁栄を物語るような歴史的な建造物が多い。この日は天気が心配なのでJR桐生駅の北東部、天満宮付近を中心に回る。ノコギリ屋根の建物を見たり、煉瓦造りのカフェでコーヒーを飲んだり。馴染みのない土地を散歩するようにサイクリングして楽しんだ。

R0000022

R0000024

親父から借りてきたモールトンという自転車。街の雰囲気と合う。

R0000028

雰囲気のある街並みを走る。そろそろ帰ろう

ちなみに今回のおおまかなコースは下記の通り

yahoo.jp/XkdJiW

文 =マツシタヤスミ

写真=マツシタヤスミ、宮川

 

 

追加

宮川主将がブログを始めました。よかったらこちらもどうぞ!

http://mususuman.jimdo.com

2 件のコメント

  • ウチノ より:

    ごぶさたです。
    こんな近くに来てたんですね!
    最近自転車乗り始めてこの辺よく走ってます。今度サイクリング企画あったら誘ってください!
    てかアーゴ自転車部入れてください笑

  • ヤスミマツシタ より:

    ウチノ君、久しぶり!
    FBで走りこんでいる様子は拝見しています。
    ぜひ、一緒に走りに行きましょう。楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pageTop