TOURING

≪群馬近県サイクリングコース30≫ 茨城県土浦市 2015年冬

ARI_6876

群馬近県サイクリングコース30は、群馬県及び近県のサイクリングコースを紹介する企画。ストイックに走るというよりは、昼食や景色を楽しむことに重点を置いている。1回目となる今回は茨城県の霞ヶ浦を1周するコースをレポート。距離は100キロと長いが、起伏のない道のり。ベテランなら景色を楽しみながら心地よく、初心者なら達成感いっぱいに走りきれる。

第1回

この日は、アーゴ自転車部主将の宮川と普段はまったく乗らない私・マツシタの2人で走ってきた。これから30のコースに挑戦するマツシタが、長距離を走りきる自信をつけることが、このコースを1回目のサイクリングに選んだ理由だ。

朝6時に前橋南インターを出発。道のりは順調で2時間後にはスタート地点の霞ヶ浦総合公園に到着した。公園駐車場はサイクリストたちの車で8割程度埋まっており、人気コースだということがわかる。

霞ヶ浦総合公園・目印の風車

霞ヶ浦総合公園・目印の風車

準備をして8時半に霞ヶ浦を反時計回りでスタート。湖や田畑の景色を眺めながら、11月の風を感じて走る。道は整備されており、とても気持ちがよかった。当初は時速20キロを予定していたが、時速12〜15キロほどで走行。途中、多くの人が追い越していく。抜いていく人たちはお揃いのユニーフォームを着た同好会の方々や若者グループ、カップルなどさまざま。抜く際に「おはようございます」などと声をかけてくれるのが嬉しかった。

ARI_6745

ALI_3580

ARI_6757

風が気持ちいい

 

余裕をかましてペダルを踏めたのもつかの間。40キロ近辺で頭が急にボーッとしだした。お昼を美味しくいただくために、栄養補給をしなかったのが原因か。お菓子を食べてスポーツ飲料を飲むと徐々に回復した。燃料切れだったのか。昼食ポイントの「しをみ」までは残り20キロ。なんとか気合で走りきる。ちなみに宮川は余裕な様子だ。

ALI_3598

12時半ごろようやく定食屋「しをみ」に到着。ここは盛りがよく、サイクリング客に評判のお店だ。窓から駐輪している自転車を見ることができるのも人気の理由かもしれない。合流したカメラマンの新井は「エビのかき揚げ焼きシュウマイ付き定食」、宮川は「イカ焼き定食」、マツシタは「煮たカツと豚肉モヤシ炒め定食」を注文する。味は普通だが1,000円でお釣りはくるし、評判通りのボリュームでコスパはよかった。

ALI_3625

昼食後の午後1時半。気合を入れ直して再びライド。ここで尻が痛み出す。尻をかばって漕ぐから、体力を使う。悪循環だ。途中、遠方に見えた牛久大仏に、痛みがなくなりますようにとお願いするが、まるで効果なし。今後は臀部にパット入りのパンツが必要だと痛感した。70キロ地点で鯰バーガーなどのご当地グルメで有名な道の駅「たまつくり」に、90キロ地点でどら焼きの有名な「志ち乃」に寄り道。「しをみ」の昼食で満腹だったため、ナマズバーガーは断念。どら焼きはお土産にした。ちなみに「志ち乃」のどら焼きは、生チョコやカレーなどいろいろな種類があるらしいが、人気店らしく4時ころに訪れた時はかなりの種類が売り切れていた。

 

ARI_6867

ゴールまでもう一踏ん張り

午後4時半に無事スタート地点に戻ってきた。到着後は近くの日帰り温泉で汗を流して前橋へ。焼肉&ビールで栄養補給してこの日のイベントは終了した。

100キロ。久々にやりきった感があった。

文=マツシタヤスミ
写真=アライサトシ

【アクセス】

霞ヶ浦総合公園

住所 茨城県土浦市大岩田1051

電話 029-823-4811

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

pageTop