FOOD AND LIQUR

FOOD AND LIQUR 

NEW

≪至福の30㏄≫ Whyte & Mackay 21years ホワイトマッカイ21年

行きつけのお店でバーテンダーさんに勧められて飲むことがるオールドボトルウィスキー。香りは高く、味はまろやかで、何よりも、時間的経過に思いをはせることは孤独なバーカウンターでの最良の暇つぶしにもなります。 オールドボトルウィスキーにはっきりと …

≪至福の30㏄≫ The Arran Malt ジ・アラン・モルト19年

ジ・アラン・モルト19年エンジェルズリザーブ。 アラン蒸留所は1995年に操業を開始、1998年にウィスキー販売を開始した若い蒸留所です。 古くは50以上の蒸留所が操業していましたが、1830年代までにすべての蒸留所が廃業。約160年ぶりに …

≪至福の30cc≫ RED STATE BOURBON,BLUE STATE BOURBON レッドステートバーボン、ブルーステートバーボン 大統領選を楽しむスムースなケンタッキーウィスキー

赤か青か。 2012年、当時のオバマ大統領に共和党のロムニー候補が挑戦した米大統領中間選挙のスタートと同時に限定発売されたバーボンです。レッドステートバーボンは共和党のイメージカラーでもある赤色のラベルが貼られ、党マスコットの象があしらわれ …

≪至福の30cc≫ 季の美 京都発のクラフトジンをレビュー 常温ストレート、マティーニで

 英国を中心にヨーロッパでクラフトジンのブームが到来しているとか…。  規模の小さな蒸留所でつくられた個性的なジンが続々と日本にも紹介され、ジンそのものの楽しみ方を知る人が増え始めています。今回紹介する至福の30ccは、この秋、 …

≪至福の30㏄≫ スプリングバンク21年 年に一度の限定リリース 今年はシングルカスク

 年に一度だけ、数量限定で発売されるスプリングバンク21年です。銘柄と熟成年数だけで「ご馳走様でした」と言いたくなる様なウィスキーです。ボトルで買うような酒ではなく、バーでありがたくチビチビと頂くのが“痛”の正しい楽しみ方だと思います。   …

≪至福の30㏄≫オールドパー1970年代 田中角栄が好んだ酒

 ブレンデッドウィスキー、オールドパーはお中元やお歳暮の定番商品でした。親父世代からの頑な支持がありました。最近ではシングルモルト人気の陰で酒屋さんでも目立たない場所に置かれているのをよく見かけます。12年、18年、スーペリアは飲みやすくて …

≪至福の30㏄≫スプリンクバンク20年 「東京バーショー 2016」記念ボトル

スプリングバンク20年。 20年は、カクテル文化振興会が主催する「東京バーショー 2016」向けに20年熟成の貴重なシェリーバット1樽をカスクストレングスで瓶詰めした記念ボトルです。 アルコール度数は52.1%。黄色みが強い琥珀色。香りはキ …

≪ウィスキービアキャンプ2016≫ page.1 ビール編

高原の澄んだ空気の中でウィスキーとビールを楽しむイベント「Whisky & Beer Camp 2016」が8月27、28日の両日、長野県長和町のブランシュたかやまスキー場で開催されました。 全国からウィスキー好き、ビール好き、キャ …

≪ウィスキービアキャンプ2016≫ page.2 ウィスキー編

  アードベッグやグレンモレンジ、タリスカ、サントリー、ニッカなどのウィスキーを提供するブースを横目に最初に訪れたのがマルスウィスキー(本坊酒造)のブースです。中央アルプス駒ヶ岳山麓(長野県上伊那郡宮田村)で操業するマルス信州蒸溜所で作られ …

pageTop