PLAYING OUTSIDE

PLAYING OUTSIDE 

夜中の明かりは、なんだか安心します。

≪アーゴキャンプ≫ 徳澤園 山岳リゾートの空気を吸おう

 うんざりするような真夏日になった5月20日(マツシタの住む群馬県では35度以上を記録した市があった)、北アルプスの蝶ケ岳を登りに行くという上司2人について、上高地の徳澤園でキャンプを楽しんできました。   景勝地を歩く  北アル …

DSC_4685[1]

≪アーゴキャンプ・ファミリー編≫ わらび平森林公園キャンプ場 釣りや動物との触れ合い 子どもが喜ぶキャンプ場

  4月の最終週末を利用して、久しぶりに家族とキャンプに行ってきました。今回、利用したのは群馬県高崎市倉渕町にある「わらび平森林公園キャンプ場」。鱒の釣り堀や、ヤギ・モルモットと遊べる施設があり、4歳の娘は大喜びでした。  同キャンプ場は、 …

名称未設定-2555

≪キャンプの独り言≫ バーク リバー ナイブス ブラボー1.5 CPM-3V @くりの木キャンプ場(渋川市子持)

 キャンプ好きがお気に入りの道具をリポートする企画。 今回は、バーク リバー ナイブス ブラボー1.5 CPM-3Vを紹介します。 4月16日、群馬県渋川市の北部、子持山の南麓に位置するくりの木キャンプ場スモールサイトでのレビューです。 ブ …

イナダ

《釣り日記》 ジギング初体験 怪しいジャークで青物狙え!

茨城県鹿嶋市 ターゲット 青物    友人・マリブが、ジグでの青物釣りに挑戦したいというので、釣り部主将のリョウと3人で行ってきました。ジギング未経験の中年3人。結果はどうだったでしょうか。  ジギングは初めてなので、2週間ほど前 …

DSC_4056

親子で楽しむキャンプご飯 冬の定番鍋料理 今回はブデチゲ

   キャンプ場で子どもと料理をつくるのはとても楽しいですよね。この企画はレシピ集というよりは、①危なくない②7割くらいはお子さんだけでつくれる③食べて美味しいーを基準に選んだメニューを紹介します。今回は、おそらく韓国人にサランヘ …

dsc_3796

《キャンプの独り言》ディー・ワン・プロダクツ The-T

キャンプ好きがお気に入りの道具についてリポートする企画。今回はディー・ワン・プロダクツのパズル「The-T」を紹介します。ソロキャンプや出張中の電車内、自宅でのティータイムなど至る場面で手軽に遊べるパズルです。 「D.1productsのT …

r0000760

≪釣り日記≫巨大深海魚バラムツを釣り上げ、アドレナリンがピッシャー!

静岡県静岡市由比港 ターゲット バラムツ    ここ最近、納得のいく釣果がでていないマツシタが11月12日、由比港にバラムツ釣りに行ってきました。今回お世話になったのは元吉丸。強面の船長さんが、面倒見良くガイドをしてくれました。さ …

dsc_3635

≪キャンプの独り言≫Melin Tregwynt(メリン・トレグウィント)社 ラムウールブランケット

 キャンプ好きがお気に入りの道具についてリポートする企画。今回はMelin Tregwynt(メリン・トレグウィント)社のラムウールブランケットについて紹介します。屋内外にかかわらず通年で使える優れものです。   「メリン・トレグ …

dsc_3395

≪アーゴキャンプ≫ようらく 渓流釣りとテント泊を楽しめるキャンプ場

 急に予定が空いた10月の最終週末。妻に家族キャンプを提案すると「勉強したいので一人で行ってくれば」と、つれないんだか優しいんだか分からない返答が。そんな訳で、群馬県多野郡神流町の「ようらく」でソロキャンプを楽しんできました。  ようらくは …

dsc_3360

《キャンプの独り言》スノーピーク鋳物製クッカー「コンボダッチデュオ」

キャンプ好きがお気に入りの道具についてリポートする企画。今回は、日本アウトドアメーカーの雄、スノーピークが製造する「コンボダッチデュオ」。野外でも自宅でも美味しい料理をつくるお手伝いをしてくれるのが魅力の鋳物製クッカーです。   …

天気が悪くてもご機嫌

≪アーゴキャンプ・ファミリー編≫涸沼自然公園キャンプ場 雨でも安心 周囲に観光施設の多いキャンプ場

 マツシタ家は10月の3連休を利用し、2泊3日の行程で茨城県東茨城郡茨城町の涸沼自然公園キャンプ場に行ってきました。天気は降ったり止んだりとあいにくでしたが、周辺には雨でも楽しめる施設があり3歳の娘も退屈することなく、充実した3日間を過ごせ …

バナナ、マシュマロ、チョコレート

《親子で楽しむキャンプご飯》 好きなものを挟むだけ。みんな大好きホットサンド

親子で楽しむキャンプご飯  僕にとってのキャンプの醍醐味の一つに娘と料理をしながら絆を深める時間があります。大人の目線からすればとても料理とは呼べないものかもしれませんが、3歳の娘からすれば、リアルなおままごとで、張り切って手伝ってくれます …

pageTop